経営経済学
大学生・専門学校生・社会人

解いていただけたら嬉しいです。お願い致します。

HIT製作所の第2製造部では部品 X を製造しているが、 先日報告された5月の実際原価発生額は、 直接材料費 3,450,000円 (=250円/個 × 13,800個)、 直接労務費 1,470,000円(=1,400円/時×1,050 時間)、 製造間接費 2,100,000円 計 7,020,000円であった。 5月の実際生産量は1,000個であったので、部品 X の実際原価は 7,020円/個である。 部品Xの標準原価カードは次のとおりであるとして、次の各問に答えなさい。 ただし、 製造間接費は 変動予算を用いて分析し、 変動予算は、変動費率が850円/時、 固定費が1,155,000円(月額)である。 なお、 解答の金額にプラスまたはマイナスの符号を付す必要はない。 金額の後の()に、有利差異 であるか不利差異であるかを示すこと。 標準原価カード 230円/個 14個 直接材料費 直接労務費 製造間接費 1,250円/時 1時間 1,850円/時 1時間 部品 X1個当たり標準製造原価 3,220円 1,250 円 1,8500円 6,320円 (日商簿記検定2級 第92回を一部修正) 問 製造間接費の総差異と、 予算差異、能率差異および操業度差異を計算しなさい。 ただし、 能率差異 は、標準変動費率× (標準操業度-実際操業度) として計算すること。
問 製造間接費の総差異と、 予算差異、 能率差異および操業度差異を計算しなさい。 ただし、 能率差異は、 標準変動費率× (標準操業度-実際操業度) として計算すること。 なお、 解答欄には、 プラスまたはマイナスの符号を付さず、金額のみを入力してから、 有利差異または不利差異を選択しなさい。 総差異 円 1.0 総差異は有利差異である。 2. 総差異は不利差異である。 予算差異 円 単一選択問題です。 選択肢は自由に書き換えてください。 1.0 予算差異は有利差異である。 2.0 予算差異は不利差異である。 能率差異 円 単一選択問題です。 選択肢は自由に書き換えてください。 1.0 能率差異は有利差異である。 2. 能率差異は不利差異である。 「操業度差異 円 単一選択問題です。 選択肢は自由に書き換えてください。 1.0 操業度差異は有利差異である。 2.0 操業度差異は不利差異である。
簿記
PromotionBanner

回答

まだ回答がありません。

疑問は解決しましたか?

この質問を見ている人は
こちらの質問も見ています😉