生物
高校生

セントラルドグマの転写についての具体例がよく分かりません。教えて下さると嬉しいです、!

③具体例で示すと = DNA AGTTCCATG… TCAAGGTAC.... DNA G T →>> → →>> RNA C G U A T(4===) p\"\ なくなる mRNA AGTTCCATG.... A GUVC TCAAGGTAC... RNAポリメラーゼ mRNA AGTTCCATG TCAAGGTAC.... AGUUCCAUG

回答

✨ ベストアンサー ✨

セントラルドグマは、DNA→転写→翻訳の流れのことをいう。
それだけです。
かいつまんで簡単?に説明します。

①DNAの二重らせんがほどける。
②ほどけたDNAに、直線状のmRNAがピタッとくっつく
③相補性により(A-T,G-Cだが、RNAはTの代わりにUがくっつく)、対応する塩基がくっつく(転写)。mRNA鎖ができる。

ここまでしかプリントに書いていないが、以下追加。
④mRNAの塩基配列をリボソームが読み取る。
⑤3つの並んだ塩基(トリプレット)からアミノ酸を指定し(翻訳)、
 tRNAがアミノ酸を運んでくる。
⑥アミノ酸がつながり、タンパク質ができる。
ここまでがセントラルドグマ。これをまた①~⑥まで繰り返す。
以上、ざっくり解説。RNAポリメラーゼとかは省きました🙇

りん

理解できました!ありがとうございます!

🍇こつぶ🐡

理解できました!
>よかったです🙇

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?