歴史
中学生

公地公民ってなんで最初土地から逃げ出す人たちがいたんでしょうか?。耕したものは自分のものになるのではないのでしょうか?。

回答

✨ ベストアンサー ✨

公地公民は、国が民と土地を所有しています。それを前提にしてこの制度はできています。国が満6歳になると一定の土地を貸します。その土地に家を建てすむということです。でも、あくまで貸しているのでその分国にお礼として穀物(米など)を献上する(税きん)という仕組みです。
耕しているのは自分のものは永久墾田私財法が出てからです、公地公民だと逃げられました。そして、手入れされない土地は荒れます。さらに人口が増えるので土地が足りなくなったためこの法が出ました

この回答にコメントする
PromotionBanner

回答

公地公民は単に全ての土地と人民は公(天皇)に帰属するとした制度です。逃げるも何もありません。恐らく言いたいのは律令体制後期〜末期の話でしょう。

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?