歴史
中学生

至急ー

日中戦争と満州事変の違いはなんですか?
お願いします🙇‍♂️

歴史 昭和

回答

✨ ベストアンサー ✨

まずは「満州事変が先で、日中戦争が後」と覚えてください。

それから、大まかな流れを理解してください。

満州事変(1931〜1933年)
満州(中国の北東部)にあった鉄道を日本軍の一派(関東軍)が爆破し、それを中国の張作霖(ちょうさくりん)の仕業にすることで、侵略していった戦争です。キッカケとなったこの事件のことを柳条湖事件といいます。
(この自作自演は、国連のリットン調査団によって暴かれました)
関東軍は満州国を建国しましたが、国際的に孤立しました。

日中戦争(1937〜1945年)
北京郊外の盧溝橋(ろこうきょう)で日本軍と中国軍が衝突し、日本と中国が起こした全面戦争です。またキッカケとなったこの事件のことを盧溝橋事件といいます。
当時、中国国民党と中国共産党に分裂していた中国ですが、力を合わせて日本軍と戦うため、抗日民族統一戦線を組織しました(第二次国共合作)
太平洋戦争の終結も1945年ですので、日本はアメリカと戦争をしながら中国とも戦争を継続させました。

大まかにまとめると、
違い:時期がちがう(満州事変→日中戦争)
共通点:どちらも日本と中国の戦争である
と理解していただければ、覚えやすいと思いますよ!

めっちゃ丁寧に、ありがとうございます、、、😭
めちゃくちゃ分かりやすいです!
大まかにまとめてくれてるのが、、控えめに言って神です))笑笑
参考になりましたー、テスト100点とってきますっ))
ありがとうございますー✨

この回答にコメントする
PromotionBanner

回答

満州事変:関東軍が日本の満州権益の確保を妨げていた張学良一派を追い落とすため、満州を軍事占領した事件。満州国を建てて、清朝最後の皇帝の溥儀を元首として担ぎ出した。

日中戦争:満洲事変から6年後に中国内戦の休戦(第二次国共合作)や盧溝橋事件をきっかけにした日本軍派兵、さらには通州事件(日本人居留民が中国軍閥に虐殺された事件)や大山中尉殺害事件・第二次上海事件による日本の世論の激化によって、全面戦争に突入した。

両者の間に塘沽停戦協定が結ばれています。

ってネットに載ってたけど、難しすぎだよね笑笑

ありがとう^^
これでテスト100点だわ))笑笑
ここら辺の社会ムズいんよねー、、でもありがと、分かりやすかった^^

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?

この質問を見ている人は
こちらの質問も見ています😉