日本史
高校生

保元の乱は天皇家と摂関家の対立を武士の力を借りて解決しますが、武士は解決を手伝うために戦っただけで、対立はしていないのですか??

回答

✨ ベストアンサー ✨

解決を手伝うためなんていう理由で命を張るパカはいません。当然利益があるから参加したのです。そしてこの時代において武士(開発領主)が欲したのは土地です。仮に勝った場合は時の政権の為に頑張ったのだから何か恩賞があってもおかしくないでしょう。よく二元論的に平氏と源氏は対立していたと思われがちですが、吾妻鏡の中で梶原景時が言っている「恩こそ主」が武士というものの全てを表しています。

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?