数学
大学生・専門学校生・社会人

解き方を教えてください。

22:39 1 ◄ Safari 完了 kiso-report-on-diff 2.pdf Q 下村克己 1) 以下のロピタルの定理について下の各問いに答えよ。 定理 f(x),g(x) を点αで微分可能とする。 さらに、 レポート問題 (微分) f'(x) lim f(x) = 0 = lim g(x) and s.t. lim =l x→a x-a rag'(x) と仮定する。 このとき f(x) lim x→a g(x) x→a g'(x) (i) 下の証明の概略の下線部分がなぜ正しいのか根拠を書きなさい。 証明の概略 æ>aの場合だけを証明すればよい。。 Cauchy の平均値 の定理の仮定をみたす ので、 b 問題 極限 lim x-0 (a <c<x) (1) が成り立つ。 f(a)=0= f(b) が成り立つので、(1) 式の両辺に lim を施せばよい。d x-a □ f(x) - f(a)__ f'(c) = g(x) = g(a) g'(c) (ii) 次の問題について、 解答の等号 (=) に理由をつけてください。また、 最後のロピタルの定理が使える理由も述べなさい。 sin (sin) を求めよ。 x 解答 lim sin (sin - z) = 0, かつ lim x=0であり、 x→0 lim x→0 =1(= lim TX T 1 cos (sin cos = x - - - - π = lim x-0 π sin sin (TX) だから、 ロピタルの定理より、 lim 0fm i=0 sin (sin-7) – = TI 1 = (ii) 関数 f(x) が0を含む開区間で何回でも微分可能とする。 さらに、そ の開区間では f(x) = a₁x² (= ao + a₁x + a²x² + ...). 1
(ai ∈ R は定数) と表せるとする。 このとき、 f(n) (0) n! (VneN) となることを確かめてください。但し、N = {0,1,2,... } は 0 以上の 整数の集合を表す。 = an
解き方教えてください。 結論
PromotionBanner

回答

まだ回答がありません。

疑問は解決しましたか?