歴史
中学生

宗門改めと寺請制度ってなんですか?

歴史 江戸時代 宗門改め 寺請制度

回答

✨ ベストアンサー ✨

宗門改めとは

江戸時代の日本で江戸幕府によって行われた宗教政策および民衆統制政策。民衆の信仰する宗教を調査する制度である。禁教令の発布に伴いキリシタンの摘発を目的に整備された制度であったが、江戸中期以降は住民調査的な制度に変移していった

寺請制度は、

江戸幕府が宗教統制の一環として設けた制度。寺請証文を受けることを民衆に義務付け、キリシタンではないことを寺院に証明させる制度である。必然的に民衆は寺請をしてもらう寺院の檀家となったため、檀家制度や寺檀制度とも呼ばれるが、厳密には檀家制度と寺請制度は異なる

寺請制度がわかりにくかった場合画像を見てください🙇‍♂️
汚くてすみません🙇💦

kyo-Ryu-kunn

ありがとうございます!

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?