日本史
高校生

宇佐八幡宮神託事件→和気清麻呂が偽託を確認→大隅へ流罪と学校のプリントには書いてありますが和気清麻呂が流罪を受けたということですか?和気清麻呂は偽託を発見したのだから正当な人なんじゃないんですか?

PromotionBanner

回答

この出来事は、称徳天皇が宇佐八幡の信託を利用して道鏡を皇位に就けようとした事件です。しかし、皇族ではない人物を皇位に就けるのはかなり異例なことですから、その神託を確認するために和気清麻呂が派遣されます。そして、新たな神託では天皇につくことができるのは皇族であるとなったことから、称徳天皇の計画が阻止されました。
称徳天皇にとってみたら、自分の計画がそこで頓挫してしまったのですから、かなりのショックだったのでしょう。激怒した天皇は、清麻呂を改名させ大隅へ流罪にしました。

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?