日本史
高校生

明治の寺島宗則の税件交渉で米国承諾にも関わらず、英独が反対した理由を教えてください🙇‍♀️

日本史 明治

回答

✨ ベストアンサー ✨

吉田・エバーツー条約には教科書等では省かれてはいますが、「他の国も賛成したら」アメリカも税権回復を認めるという内容があります。だからイギリスやドイツは適当に反対しておくだけで、日本に対して美味しい思いができるのです。また当時の欧米は国際社会を3段階に分けていました。文明諸国、低文明諸国、未開社会の3つです。文明諸国は言うまでもなく欧米のことです。低文明諸国は主に当時の日本や清国などです。未開社会はアフリカや東南アジア地域などです。文明諸国は低文明諸国と対等に交渉などするはずも無いわけです。(逆らえば清国のようにめちゃくちゃにされるだけ)簡単に言うとまだまだ日本は下に見られていたということです。吉田・エバーツー条約も内容をよく見てみると治外法権は撤廃しないことやその他明らかに下に見てるような内容となっています。少し評価した米とまだまだと評価した英、独と言った形になったのかもしれません。

羽楼

ありがとうございます!!

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?

この質問を見ている人は
こちらの質問も見ています😉