生物
大学生・専門学校生・社会人

ここの空欄を埋めて解説をつけて欲しいです!
本当にわからないので教えてください🙇‍♀️🙏🙏🙏

Hibarigaoka 67th 生物基礎 No. Date Title 第2章 遺伝子とその働き Subtitle メンデルの法則 教科書p.57 アサガオには赤花の品種と白花の品種があることが知られています。 代々赤い花をつける品種と代々白い花をつける品種を掛け合わせた雑種第一代 F1 は, 赤色になりました。 このことは赤花の形質が ( ) であることを示します。 この雑種第一代 F1 を自家受精して雑種第二代 F2 を得ました。 遺伝子型での分離比は, 優性ホモ: ヘテロ: 劣性ホモ= ( 表現型では、赤花と白花が ( )( )に分離しました。 ) % となります。 純系の割合は( 雑種第二代 F2 を自家受精して雑種第三代 F3 を得ました。 遺伝子型での分離比は, 優性ホモ: ヘテロ: 劣性ホモ= ( 表現型では、赤花と白花が ( )( )に分離しました。 ) % となります。 純系の割合は ( 雑種第三代 F3 を自家受精して雑種第四代F4 を得ました。 遺伝子型での分離比は, 優性ホモ: ヘテロ: 劣性ホモ= ( 表現型では、赤花と白花が ( )( )に分離しました。 ) %となります。 純系の割合は 自家受精を繰り返し, 雑種第n代Fを得ました。 遺伝子型での分離比は, 優性ホモ: ヘテロ: 劣性ホモ= ( ): ( 表現型では、赤花と白花が ( ) % となります。 純系の割合は ( に分離しました。 となります。 となります。 となります。 )となります。
生物 メンデルの法則
PromotionBanner

回答

まだ回答がありません。

疑問は解決しましたか?

この質問を見ている人は
こちらの質問も見ています😉