歴史
中学生

社会 歴史 色々わけわかんなくなってきたので教えてください...

1『ワイマール憲法』ってなんでしょうか?
授業のプリントを見ていると
戦勝国がドイツの憲法作ってあげるということでできたのが『ワイマール憲法』的なことと当時の最先端の憲法ということが写してありました。『パリ講和会議』で決まったものなのでしょうか?教科書等を見てもドイツの憲法ということしか書いてなくて...

2『パリ講和会議』では何が話されているのでしょうか?
こちらも自分のプリントを見てみると、ウィルソン大統領の提案のことが書いてありました。民族自決のことは何とか理解出来たのですが、国際連盟の発足とは、本部がスイスの常任理事国(戦争やめようぜ的な団体?)ができたということであってますか?

3『ワシントン会議』とはどこの国立で何が話されたものなのでしょうか?
ワシントン会議に関してはほんとに訳が分からないので重要単語等ありましたら教えて欲しいです。

長文失礼しました。3つの質問のうち1つでも教えて下さると幸いです。

社会 第一次世界大戦後 中3 歴史

回答

✨ ベストアンサー ✨


1919年に公布されたドイツ共和国憲法。第一次世界大戦後,ドイツは革命が起こり、帝政から史上初の共和政に変わりました。普通選挙で選ばれた国民議会が,1919年,ワイマールで新憲法を議決,公布した。国民主権,普通選挙にもとづく議会民主主義,所有権・生存権の保障など,20世紀民主主義憲法のさきがけとなった憲法といわれてます。◇1933年,ヒトラーが政権を握ると事実上の廃止となりました。

涼くん


あってあすよ
アメリカのウィルソン大統領の十四カ条の平和原則をもとに作られました。
そこでベルサイユ条約が結ばれて、ドイツに重い賠償金が課せられます。
十四カ条の平和原則では、国際秩序を維持するための国際連盟の設立や、東欧の諸民族の民族自決が提唱されました。

ちなみに国際連盟は出来ましたがアメリカは入れなかったそうです。

涼くん


ワシントン会議は、アメリカの主催によって開かれた軍縮について話し合う国際会議です。アメリカのワシントンD.C.で開かれたのでワシントン会議と呼びます。

ワシントン会議に参加した国
アメリカ
イギリス
オランダ
イタリア
フランス
ベルギー
ポルトガル
日本
中華民国

ワシントン会議では、九カ国条約・四カ国条約・ワシントン海軍軍縮条約など重要な条約が多く結ばれ、この会議によって太平洋・東アジアの国際情勢は一変することになります。

ワシントン会議の目的は「太平洋・東アジアの平和秩序」にありましたが、アメリカはこの目的を日本の力を削ぐことによって実現しようとしたのです。

ワシントン会議で話し合われたこと
太平洋の島々の話→四カ国条約
中国の話→九カ国条約
軍縮の話→ワシントン海軍軍縮条約
山東半島の話→日本が山東半島を返還する

めちゃくちゃですみません。

りん

ありがとうございます!
分からなかったところがわかりました!助かりましたm(_ _)m

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?