国語
中学生

高校入試の国語(都立入試)で『この文章を読んだ後の自分の線見聞や体験をもとに自分の考えを書く』という問題が必ず出るのですが、その分には筆者の意見を含めなければいけません。
筆者の主張を踏まえた内容とはどういうことですか?

(毎回それがわからず、~と筆者は主張しています。の書いていたのですが、減点されていました。
逆に模範解答で筆者の主張踏まえてないじゃん‼︎と思いました。
私の文章は焦って書いていたので字も内容もおかしいです💦)

写真が例です。

時間をとっていまうとは承知ですが、入試1ヶ月を控えているので、助けてくれると本当にありがたいです。
お願いします🙇🏻

となのだ。(第五段) 前i「湖洲」Sr ra9へ 高 - い ム びつけて考える。個性の表現だとか自己表現というのがそれだ。地味な恰一 好をしていると、個性的ではない、もっと自己表現を、などといわれる。 次の文章を読んで、あとの各問に答えよ。(印の付いている言葉に しかしよく見てみれば、流行に敏感なひとのかなりの部分というのは、じ つは制服に身を包んでいるように、同じような非個性的な恰好をしている。 は、本文のあとに【注】がある。)」 ファッションにぜんぜん気がいかないひとはかっこよくないが、ファッ ション、ファッション……とそれしか頭にないひとはもっとかっこわるい。 (「部) このふたつ、一見反対のことのようで、じつは同じ態度を意味している。 他人がそこにいないのだ。あるいは、他人にじぶんがどのように映ってい まわりを見ても、若い女性はキャミソールのようなドレスとかスリップド レスとか、インナーのようなミニドレスに身を包んでいる。それに薄手の一 るかという、そういう想像力の働きが、欠けているのだ。(第二段) ひとにはそれぞれ印象というものがある。印象がいいというのは、 スケスケのカーディガンをちょいとはおって、という感じだ。足元を見て一 も、たいていはかかとが太くて高いサンダルを履いている。(第六段) ファッションでももちろんほめ言葉のひとつだ。清潔な感じがするとか 自己表現というときの自己が流行のなかでつくられるのだから、流行し」 さっぱりしているとか、あるいはダサイとか、暗いとか、かったるいだと」 か表現しようがないのだろう。しかも店で買う以上、「絶対的」に個性的一 か。(第三段) な服などあるはずもないから、みんな似たり寄ったりの服装になるしかな たとえば同じ医者でも、白衣のときにはどことなくおっかない感じがす い。わたしもこのあいだ、買ってから半年も着る勇気がなかった奇抜な服 るが、平服で往診に来ると、ふっと身近に感じて、なんでも相談できそう をある会合に着ていったところ、そっくりの服装のひとと鉢合わせしてし な感じがする。豪華な椅子に腰かけているときと、患者と同じクルクルま」 まい、まったく居心地が悪い思いをした。(第七段) わる機能的な椅子に腰かけているときとでは、安心感も違う。服装ひとつ おしゃれというのは、じぶんを着飾るということではない。むしろそれ で印象はころづと変わってしまうのだ。(第四段)- を見るひとへの気くばり、思いやりだと考えると、服を選ぶときのセンス 「印象の反対の言葉をご存じだろうか。「表現プという言葉だ。英語で が変わってくる。つまり、他人の視線をデコレートするという発想をどこ」 表すとそれがよくわかる。「印象」は英語でインプレッション。外界が心 かに取り入れること、つまりそういうホスピタリティが、ファッションで の内(イン)に刻印される(プレス=押す)ことを、インプレッション (印象)という。反対はエクスプレッション、つまり心の内を外(エクス) いちばん大切な要素なのではないかと思う。(第八段) へと目に見える形で押し出す(プレス)こと、つまり「表現」を意味する。 わたしは京都という街に生まれたので、子どものころからよく舞妓さん 印象」は内に刻みつけられたもの、「表現」は外に押し出されたもののこ」 やお坊さんとすれ違った。どちらも服装がきわめて特異。 蕃 からおこぼ まで、いやというほど着飾る舞妓さんと、すりきれかけている貧相なきも 屈しやすいが、胸元だとか袖口、深いスリットとか下から浮きあがる下着」 のにわらじのお坊さん。しゃなりしゃなりと夜の 帳 のなかを歩く舞妓さ」 の線とかには深く誘いこまれる。つまりそれは、私たちの欲望の形を 象」 んと、おーっとうなりながら早朝の街を托鉢をして歩く修行僧。徹底的に一 ドレスアップして客を歓待するひとと、徹底的にドレスダウンして衆 生 ファッションは品位とか優美といった情愛の肌理をつくりだす。感情や を迎え入れるひと。どちらも常人の知らない幸福を教えるホスピタリティ 隙もある……といった心の揺れを微細に表現する。(第十三段) ファッションはまた、社会からのあらゆる包囲をすり抜ける抵抗のスタ を重ね着して、見るひとの眼を涼ませるといった感覚を、である。(第九 イルを決める。背伸びやはずし、突っぱりや飽きっぽさというのは、 (姫 ファッショナブルということを、江戸のひとは「いき」と呼んだ。あか ファッションのもっとも得意とする遊びであるが、こういうイメージの揺」 抜けして、張りがあって、色っぽいこと、いいかえると、諦めと意気地と さぶりのなかで、ひとはそのつどじぶんというものを選び取ってゆくわけ 婚態が織りなす綾のことを、「いき」と呼んだ。その例を、九鬼周造とい だ。(第十四段) う哲学者は「「いき」の構造」(一九三〇年に発表)のなかで、うすものを一 じぶんをいつも可変的な状態に置いておく行為、それがファッションで 身にまとった姿や、湯上がり姿、柳腰、細面や流し目、抜き衣紋や 左 棲一 ある。(第十五段) の裾さばきなどに見いだした。さっきはちょっと嫌みをいってしまったが (鷲田清一「てつがくを着て、まちを歩こう」による) 現代のキャミソール·ドレスは不思議に九鬼周造のあげている例に似てい [注】 デコレート - - 飾ること。装飾。 ホスピタリティ ||歓待。もてなし。 る。ただそこには、婿びるばかりではない、映えとか張りとでもいうべき 心の緊張がある点が異なる。(第十段) おこぼ||舞妓がはく厚底のげた。ぽっくり。 地位がひとをつくるということとともに、服がひとをつくるということ一 悪S 夜の比陰表現。「帳」は室内の空間を隔てる布。 もよくいわれる。それは、ファッションがわたしたちのからだのイメージ をわずかに、あるいはときに激しく揺さぶるものだからだ。(第十一段) 僧が修行のために経を唱えながら家々を回り、米や銭」 市 たとえばそれは、性のイメージと 戯 れる。ひとはむきだしの裸には退 などのほどこしを受けること。 ゅう 衆生 仏教で、現世の人々のことをいう。 「紹」も「紗」も、薄地の絹織物で夏の和服池。 気分とファッションは深く結びついている。力が抜け、洗練されていて、 色があって、コケットなところもあって、決まりすぎず、だからちょっと」 る。(第十二段) のプロ、どちらもけっしてじぶんのために着飾っているわけではない。こ ういうセンスの働かせ方を、多くのひとが忘れかけているのではないだろ うか。たとえば夏のかんかん照りの日に、白のきものに透けた黒の紹や紗」
り る い 目 翌教 の は わ に 服 日 室 ら 塾 ずけ 映 を か の制 と の で で り ら 雰服 が夏 す はま は 囲 であ 期 な す 落気来り 講 ツ 他 V は ち がて ま 習 シ人 自 い す に そ分 ん た ヨ ン 不」の だ友そ を快 場着 気人の 心 に に 日 ン がさ ふ と け せ さ そ る 見 サ た な わ の の ン い し を姿 と ダ で い は い 言の 終 す 思 服 ま わ せ わ い がば人 し れ い つ や あ よ の た。 で て 200 100 20 短: パ ル :で: 行 つ た :こ の: 講 : 習 : が o に「 見 た : 目 す :る : 」 J 着一い一た一服を一選 ん で一通 着る : の 自一分 で一す:が 分:が : 着 : た :い:も o 着…れ 5 o あ: る : フ : ァ い
の 7 り視。 そ 『大 線| シ 13 |||p||をR 1テ 1 5a の を レ 1 入 楽かピ ピ し で シ ね んマラ の 1り リト だ 7|で ウ シ 13 し 19 7ミ がり と イ だ 人 と しo |2 と 代|1||が i と あ の優 |の 細方 と 考 11 え ま |ヶ e す人 200 100 20 mi S る く く: S S

回答

✨ ベストアンサー ✨

筆者の主張を踏まえて、ということなので、その考えに沿って別の例を出し、それについて考えてみるといいのでしょうね。
模範解答は、4段落を使い、印象が変わることの是非を検討して、どうすべきだったかを書いているようです。
お書きのものは、8段落を使っているようですが、それについて、どのあたりが「かっこいい」と感じたのか。色彩なのか形なのか。他人の視線をどう意識したものなのか。見る側にどう印象付けたのか。それを身にまとうことで本人はどう意識するのか。ふだん私たちにとってそうした意識を持つ必要があるものなのかどうなのか。もつとすればどういう場面なのか。
そのあたりを説明することが必要な気がします。
筆者の言うデコレートなりホスピタリティそのものを説明する必要はありませんが、そのまま繰り返すのではつまらない気がします。
段の字の「るまた」の上の部分はしっかり曲げて跳ねた方が安全。漢字のテストだと危険な気がします。

練習としては数年分の模範解答を手掛かりに、別の具体例を挙げて書いてはどうですか?例えば、お医者さんが普段着のままでは、ありがたみがなく、やはりあの白衣があってこそ「効く」という印象を持つし、「非人間化」の記号をまとうので、のどを大きく開けて「あー」と言えるのであって、普段着のおじさん・おばさんでは恥ずかしくて出来ません。

なるほど。。
ありがとうございます🙇🏻🙇🏻

筆者の主張につながる部分を見つけ、それをもとに例を挙げ、自分の考えを述べる、ということですか?

ゆら

それでいいと思います。
筆者が具体例を挙げている箇所があれば、自分に思い当たる具体例を出して、筆者の考えを補強するように説明すればいいんじゃないですか。
お書きのものは具体例はいいと思うので、どの部分がかっこよかったのかを考えて説明すればいいと思います。
筆者の考えをまったくなぞって書く必要はありません。筆者があまり触れていない部分をふくらませていいでしょうが、全く対立する考えは書かない方が無難じゃないでしょうか。

ありがとうございます!!
筆者の考えを膨らませる、、
難しいですが、そのやり方でやってみます!!
本当に助かりました!

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?