生物
大学生・専門学校生・社会人

化学浸透性リン酸化では、電子伝達を伴うプロトン勾配の形成がATP合成と連動している。電子が電子伝達系を流れる時、プロトンはミトコンドリアの膜間領域からマトリックスへ輸送される。その結果、マトリックスのプロトン濃度は高く、膜間領域のプロトン濃度は低くなり、ミトコンドリア内膜を隔てた電気化学的プロトン濃度勾配が形成される。

この文章で間違っている部分を教えてください。

生物 化学
PromotionBanner

回答

まだ回答がありません。

疑問は解決しましたか?

この質問を見ている人は
こちらの質問も見ています😉