日本史
高校生

貞観5年から長安3年までの間に倭国で起こった出来事を選びなさいという問題がありました。

西暦でいうと何年から何年にあたりますか。また、なぜこの期間なのでしょうか。何か節目となることがあったからこの期間になっているのだと思うのですが、どうですか?

日本史

回答

✨ ベストアンサー ✨

どちらも中国の元号ですね。貞観5年=631年、長安3年=703年です。貞観というと「弘仁・貞観文化」を思い出すので平安初期化と思っていたら、「倭国で起こった出来事」と問うているので違和感を感じていました。このような問題が日本史で出題されたということは、資料問題ではないですか?だとしたら、資料の注釈にそれぞれの元号が西暦何年なのかは書いているか、それとも資料を読んでいけばおのずといつの時期なのかがわかるようになっている問題ではないでしょうか?何のヒントもなくこのような問題が出されたら悪問です。正解率はかなり低いと思います。
西暦630年代には、唐が周辺諸国を征服しだしていた頃で、東アジア世界の緊張が高まっていた時期です。倭国では蘇我本宗家の蝦夷・入鹿が中央集権化を目指し改革を進めており、それに反発する勢力が結集して乙巳の変に向かっていました。西暦701年には大宝律令が完成します。このように、7世紀後半は律令国家への道を歩んでいた時期です。大きな節目となった時期であることは間違いないです。

ama

丁寧な回答ありがとうございます。
ご指摘の通り資料問題でした。

どちらも中国の元号なのですね、勉強になりました。
ありがとうございました。

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?