回答

✨ ベストアンサー ✨

ア 「~で」を「~だ」「~な」に戻せたら形容動詞
イ 名詞の下にあって、文の途中で使えば助詞(格助詞)
ウ 動詞の下に「で」、動詞によっては「走って」のように「て」でもいいなら助詞(接続助詞)
エ 「で」の下に「ある」とつけて「~である」という形で述語にできそうで、「だ」にもどせ、「なもの」などには戻しにくそうなら助動詞(断定)

最終的には文節の中でどこに位置し、活用するかどうかを見極め品詞を確定することだと思いますが、上にどんな文字があるかをヒントにするか別の平仮名に変えられるかなどその時々で工夫すればどうですか

⋆͛🦖⋆͛

回答ありがとうございます!
考えてみます。

この回答にコメントする

回答

この問題でしか使えないかもなんですけど、私は「で」のあとに「あり」とか「あって」とかの言葉が入れられるかどうかで考えました!意味を考えるとわかりやすいかも、、

⋆͛🦖⋆͛

回答ありがとうございます!

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選