回答

PromotionBanner

回答

(16)∠ABC=90°なので三平方の定理を使います。
AB²+BC²=AC²になりこの正方形は全て2cmなので
2²+2²=AC² AC²=8になり長さに-は存在しないので
AC=‪√‬8=2‪√‬2cmになります。
(17)(16)と同様に∠ACG=90°なので三平方の定理を使います。
AC²+CG²=AG²
(16)でAC=2‪√‬2cmと出ているのでわかる数字を代入します。
(2‪√‬2)²+2²=AG² AG²=12 長さには-は存在しないのでAG=‪√‬12=2‪√‬3cmになります。
(18)三角形の公式=縦×横÷2を使い、∠ACG=90°なので
AC×CG÷2=2‪√‬3×2÷2=2√‬3cm²になります

れお

ありがとうございます
わかりやすかったです❗️

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選