英語
高校生

admitの語法についてです。

admit 〜ing 「〜したことを認める」
と覚えていたのですが、
admit to 〜 「〜(事実・罪など)を認める」
という自動詞の用法があることをつい先程知りました、
どのように使い分ければ良いか簡単に教えてください🥲

PromotionBanner

回答

辞書でadmit を調べてみました。
わかったことです。

▪admit は不定詞を目的語にしない。
▪よって、admit は動名詞しか取らない。
▪admit A to be C(Cは名詞か形容詞)の用法はある
「A がC であることを認める」
▪admit that ~ という用法もある
「~ということを認める」

ここで注意するのは、
A to be C とto の直後に動詞の原形がきて不定詞になるのではなく、to be +名詞/形容詞となり不定詞ではないことです。

例文)
I admit it to be difficult. = I admit that it is difficult.
それが困難であると認めます。

Xx_Saskia_xX

どのように使い分ければ良いか、についてですが、
「~したこと」という行為(動詞)を認める場合はadmit ~ingを使い、
名詞や形容詞で表せることを認める場合は、admit A to be ~と、使い分けるのだと思います。

この回答にコメントする

これは様々な単語に当てはまりますが、

動名詞→過去の事柄
不定詞→これからすること

を指すことがあります。

admit doingは~"した"ことを認めると認める事柄は過去です。

admit to doは~"する"ことを認めると認める事柄はこれからすることです。

ひじり

admitはenjoy等と同じく動名詞を目的語にとると決まっていて不定詞は目的語にとれないはずです、
質問で2つ目に挙げているのは自動詞admitなので目的語をそもそもとらず、admit to Aの toは前置詞to です!

私の質問の書き方が分かりにくかったです、すみません🙇‍♂️

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選