国語
中学生

塾の宿題やってなくてわからないところが多かったのでまとめて質問しました‼︎
急ぎです‼︎なるべく早く教えて下さい‼︎

E一b「本田翁」と同じ人物を表す表現を、「瀬名 堀の父親が」に続くように本文中から六字で探して書き 抜きなさい。 中二国語 読解問題 寒名堀太一の父はせどり屋と呼ばれる古本かりを仕事にしていて、太一は父と一緒に全一 |回を転々とした後、東京に落ち着いた。その後、本田( に目をかけられた父親は、古 清店「無別堂」に出入りするようになった。父と共に何度も顔を出すうちに、太一と真志喜 《本田翁の孫)は出会い、親友となった。真志喜の祖父の本田鍋は目利きとして有名な人 |物であるが、現在 「無務堂』 一c「許りも手伝って」とあるが、「誇り」の内 容として最も遭するものを次の中から一つ選び、その番 『権やされい。 e 本田着に自分の能力の高さをほめられたこと。 の 父親の店の開業資金を自分一人で稼いだこと。 自分自身で価値のある書物を掘り出したこと。 @ 父親を見くびっていた人たちを見返せたこと。 ☆次の文章を読んで、各間いに答えなさい。 () くS称、 r歌品』を見つけた。 四 本文中からは次の一文が抜けている。槽う場所として 最も適するものを【6]~[] から一つ遥び、その番号 を書きなさい。 《そうなったら、この本は取り上げられてしまう。) 「、おじさん。この本、おれたちにくれないかな。」 すい宝物を見つけた誇らしさと、大な真志喜と、 さでいっぱいだった。父親が店を開きたがっているのは知っている。『獄記』を 開業資金くらい。く手に入るだろう。「せどり」と父親を。見くびる古本屋連中を、きっ と見返すことができる。【の] 瀬名堀は「世紀の選り出し物」が、自分のまわりにどんな彼紋 をもたらすのかを、っとび考えずに、その、幻 の本を高々と拠げて見せた。 瀬名第がかざした本を、『無窮堂』の店主だった真志喜の父親はちらりと見た。そし」 マャニど 「ああ、どうせ捨てる本だ。欲しければ持っていくといい。」 と言った。瀬名垣は心に。快載を叫んだ。 そのとき、例らで瀬名雑の父親と。州減いていた本田審が、並やかに声をかけてきた。 『太一、その本をちょっと見せておくれ。」 瀬名垣はもちろん、本田蒲に見せたくなかった。。目利きの評判をほしいままにする翁は、 この掘り出し物の価値をさすがに一目で見抜くだろう。(の】ためらっていると父親が、「さ はっさと着に渡せ。」としきりに目で合図する。部のためにこれを自分のものにしようとして いるかわかってるのかなあ、と苦々しく思いながら、仕方なく本田翁に手渡した。『獄記』 を持つ。本田戦の手は農えた。。そしで翁は、瀬名垣をひたと見据えた。【C】 これがなんなのか、わかっているのか、太一。」 ポに優しい老人が、これほど 鋭く真剣な眼差しを名垣に向けたのは初めてのことだっ 海た。瀬名堀はなんと答えるべきか困った。だが結局、。剛りも手伝って、「うん。」と一言。 はっきりとうなずいた。【Q)潜田は笑った。 “それをを分け合えるという娘し E Kにあてはまる言葉として最も適するものを次 の中から一つ選び、その番号を善きなさい。 eじろじろ きょろきょろ d「どうなさったんです」という敬語表現は、 の尊敬語、の謙語、の丁家語のうちのどれか、番号を一 € B_にあてはまる言葉として最も適するもの を次の中から一つ選び、その番号を書きなさい の おごそかな声 沈んだ声一 悲しそうな声 うわずった声」 うのに、おまえはわかっていてなお動じもしない。」 本田第は『獄記』を瀬名垣の手に返した。瀬名垣はまさか戻してもらえるとは思っていな お かったので、本田藩の深い観の刻まれた顔を「Aと見つめた。本田籍はもう一度嘘みしめ るように言った。 「導つを」 瀬各垣の父親は、息子の手にある古びた本と敬愛する老人の顔とを忙しく見比べた。 1体なんの話ですか、翁。」 真志喜の父親も、本を東ねていた手を止めて歩み寄ってくる。 rosうなぎったんです、お父さん。」 の間を走り抜けた」という部分で使われている表現技法と一 して最も適するものを次の中から一つ選び、その番号を 6くだ 反復法 5一線「ついと表に出ていった」とあるが、真」 志貴の父親が突然出ていった理由として最も適するもの を次の中から一つ選び、その番号を書きなさい。 e 古書店主としてふさわしくないと周囲の人が言ったか 『みんな、よく見ておきなさい。真志喜もおいで。」 瀬名垣のまわりに、暑合わせた人間が集まった。瀬名垣は、今までつないだままでいた真」 志喜の手を引き寄せる。本田翁の Bが響いた 2これが幻の本。『獄記』だ。」 自分の好意に瀬名垣がつけ込んだことに気がついたか 雨にならない動題が、コ人の父親たちの間を走り抜けた。 「はあ、れ 」 ようやく瀬名垣の父親の口から間の抜けた感嘆の声が上がったとき、真志喜の父親は、つ Pでた。 「あ、本田さん」 瀬名垣の父親の呼び止める声も聞こえないようだ。本田翁は肩を落とした。 「放っておいてやってくだされ。瀬名垣さん、あんたもわかるでしょう。『無容堂』は十二 歳の男の子に、この世に一冊しかない。移観本を掘り出されたんじゃ。」 本田翁が無断で瀬名垣の父親に店を譲ることにしたか 書物を艦定する自分の力量のなさを思い知らされたか ū 本文における表現の効果について説明したものとして、 最も適するものを次の中から一つ選び、その番号を書き なさい e登場人物の人生観や古い慣習を表現する際に、慣用 句が効果的に使用されている。 の物語の雰囲気や時間の経過を表現する際に、自然の 描写が効果的に使用されている。 登場人物の立場や状況の特殊性を表現する際に、倒 置法が効果的に使用されている 登場物の心の動きを表す際に、目の動きを示す表現 が効果的に使用されている。 米見くびる:見くだす。彰んじ、あなどる。 ぞんざいに…丁寧でないこと。いい加減。 快裁を叫んだ…「やったぞ」とよろこびの声をあげた。 稀釈本:めったに手に入らない、非常に珍しい本。 三浦しをん『月魚」(角川文庫)から $一a「日利きの評判をほしいままにする」の意味として最も適するものを次の 中から一つ選び、その番号を書きなさい。 書物を艦定する能力がほしくてたまらないということ。 書物を壊定する能力を誰からも認められているということ。 香物を鑑定する能力の高さをひけらかしているということ。 斎物を重定する能力にいつも職きをかけているということ。 V 』S前督シ さ 真S で、 日本1 は、「無 見事じゃ、太一,は本当に線もしい男だ。で幅えがきているとい|め |線e「声にない動揺が、二人の一

回答

PromotionBanner
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選