回答

✨ ベストアンサー ✨

これはちょっと覚えてる歴史の話ですが、軽くとめておいてもらえるといいと思います。

実は、
否定文をつくるときは
(動詞 + not) の形が基本なんです。

ルールとして、 否定文を作る時、
be動詞+not
do not + 一般動詞

とありますが
(省略もあります)

実は昔は、
I do play soccer みたいな形で 一般動詞は使われてたらしいです。
そこに(動詞+not)のルールを当てはめて、
I do not play soccer の形になります。(現在の形)

現在は、do not がいきなり表れたようになってますが
それは do play → play というような形に歴史を経て
doがなくなったからです。

なので (動詞+ not) のルールが基本なのです

ただ、助動詞はこれに当てはまらないと思います。
なので例外もあると思うので、

こういう知識も参考にしつつ、
暗記するべきだと思います。

トウメイ

曖昧なとこ、説明でわからないところあったら
質問どうぞ

この回答にコメントする
PromotionBanner

回答

短縮形を使えば、
We weren't in Japan last months.
この中で使っているweren'tはwere notの短縮形なので前に来るんだと思います※まだ習ってないので分かりません。

短縮形 weren't
この回答にコメントする
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選