国語
中学生

1.2.3.4を教えていただきたいです
よろしくお願い致します

かぐや姫誕生 [竹取物語」 今は昔、竹取の 翁といふ者ありけり。野山にまじりて竹を取りつつ、よろづのことに さまざまなことに おきな (が)いたのだった。 竹をとっては、 使ひけり。名をば、さぬきの 造 となむ言ひける。その竹の中に、もと光る竹なむ 根元が光る竹が」 みやつこ 使った。 名を、さぬきの造とい言った。 一筋ありける。あやしがりて、寄りて見るに、筒の中光りたり。それを見れば、 不思議に思って、近寄って見ると、 光っている。 それ(竹筒)を見ると、 三寸ばかりなる人、いとうつくしうてゐたり。翁言ふやう、「われ朝ごとタごとに見る 三寸ほどの人が、たいそうかわいらしい様子で座っている。翁が言うことには、「私は毎朝毎晩に見る 竹の中におはするにて知りぬ。子になりたまふべき人なめり。」とて手にうち入れて、 竹の中にいらっしゃるので分かった。あなたはわが子におなりになるはずの人であるようだ。」と言って掌の中に入れて、 おうな 家へ持ちて来ぬ。妻の堀にあづけて養はす。うつくしきこと、かぎりなし。 家へ持って帰ってきた 育てさせる。かわいらしいこと、この上ない いとをさなければ、龍に入れて養ふ。 たいそう小さいので、
現代語と読みの違う歴史的仮名遣いの語や部分を挙げて、現代仮名遣いのひらがな 課題· で書き直しなさい。 課題2|冒頭の三文をノートに書き写し、文節に分けなさい。 課題3|冒頭の三文をノートに書き写し、単語に分けなさい。 |課題4|文中の動詞について、基本形,活用の種類·活用形を答えなさい。 今は昔、竹取の翁といふ者ありけり。野山にまじりて竹を取りつつ、よろづのことに使び けり。名をば、さぬきの造となむ言ひける。その竹の中に、もと光る竹なむ一筋ありける。あ やしがりて、寄りて見るに、筒の中光りたり。それを見れば、三寸ばかりなる人、いとうつ S くしうてゐたり。翁言ふやう、「われ朝ごと夕ごとに見る竹の中におはするにて知りぬ。子に一 S なりたまふべき人なめり。」とて手にうち入れて、家へ持ちて来ぬ。妻の娼にあづけて巻は す。うつくしきこと、かぎりなし。いとをさなければ、篭に入れて養ふ
PromotionBanner

回答

まだ回答がありません。

News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選