回答

まず、【1】について、
未来予測なので、正解はない。ただし、論理的に今あるデータの延長で答える。
例えば、世界恐慌とか第三次世界大戦などの心配をしなくても良いので、項目の数値の増減は急激に変わらない物とする。
例:電気の消費量がもっと増える。省エネ化や脱酸素で、灯油の消費が落ちる。など表を見て答えてください。
家電の省電力化が進めば、消費量は減る。さらに、少子高齢化でそんなにエネルギーを使わないと予想。

【2】ハイブリッドのプリウスが発売され燃費競争が起き、各社燃費の良い自動車を作った。
  スローライフや断捨離。物を持たない。お金のかかる自動車は持たない。
【3】
水回りなどは、さびやすく、配線以外に電気が流れる危険性があるので、あらかじめ、漏電がおこる前提で物作りをしている。

【4】ここは何でもありで良いです。
そもそも有効な工夫は、もうほどほどでき切っている?
ひらめきそうな物は、以前に誰かがひらめいているから、この問題は、難問ですよね。

電気
Post A Comment
PromotionBanner
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選
%e6%9c%80%e5%88%9d%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91 1 486x290
文系だって超わかる!【誰でも簡単に理解できるオススメ数学ノート3選】