Science
國中
已解決

ボルタ電池で亜鉛版と銅板を接触しないようにするのはなぜですか?また、銅板の近くに過酸化水素水を入れると反応が促進されるのはなぜですか?教えて下さい!!

解答

✨ 最佳解答 ✨

ボルタ電池で亜鉛版と銅板を接触しないようにするのはなぜですか?
>ざっくり説明すると、
接触すると電池にならないから。
水溶液中で、直接電極同士で反応してしまうから。

また、銅板の近くに過酸化水素水を入れると反応が促進されるのはなぜですか?
>発生する水素を水に酸化するため。

なな

なぜ電流がながれないのかもう少し詳しく説明してくださるとありがたいです!!

🍇こつぶ🐡

では、詳しいよ。

ボルタ電池において、亜鉛板と銅板を直接接触させない理由は、望ましくないショートサーキット(短絡)を防ぐため。具体的には次のような理由がある。

1. 短絡の防止
亜鉛板と銅板が直接接触すると、電池内部で直接電流が流れてしまう。この状態では、電流が外部回路を通らないため、外部に電力を供給することができず、電池の機能が失われる。

2. 化学反応の効率低下
亜鉛板と銅板が直接接触すると、電解液中での化学反応が効率よく行われない。これにより、ボルタ電池の発電効率が低下する。

3. 電池の寿命の短縮
直接接触により、亜鉛が不均一に消耗し、電池の寿命が短くなる。これも電池のパフォーマンス低下の一因。

中学なら1だけで良いかと🙇

したがって、亜鉛板と銅板の間に電解液を挟み、外部回路を通して電流が流れるようにすることで、ボルタ電池は効果的に機能します。

なな

ありがとうございます!!

留言
您的問題解決了嗎?