Japanese history
高中

教科書の初期議会の対立ていうところを読んで
【写真】

質問が、「民党と吏党の関係」を簡単に説明しなさい。

なんですけど、全く分からなくて、、
最初は対立しててあとから政府に歩み寄るために、一緒になった。的な感じですか??
読んでもどちらかと言えば民党しか書いてなくて…

75 議会開会以前の政府は,政策が政党の意向によっ ちょうぜん て左右されないとする超然主義を表明していた。 初期議会の対 かいしん しかし, 1890(明治23) 年の第1回衆議院議員総選挙では,立憲改進党 や立憲自由党などの民権派(民党)が大勝し,政府系勢力 (吏党) を上ま みんとう りとう わり, 衆議院の過半数をしめる事態になった。 第1回帝国議会では, やまがたありとも NAJIVA みんりょく 山県有朋内閣が軍備拡張の必要を強調したのに対し、民党は民力の休 養と行政費の節約をとなえて、政府とはげしく対立した。 20 つづく松方正義内閣や第2次伊藤内閣のもとでも、民党が政府提出 ➡p.183, さくげん の予算案を大幅に削減したため、政府は衆議院の解散という手段をと にっしん ➡p.193 って対抗した。このような政府と議会の対立は,日清戦争直前の第六 議会までつづけられたが、議会で予算を通すために, 政府はしだいに 民党を無視できなくなった。また民党側でも政府に反対するだけでは 25 政策を実現できないと考えるようになり、政府と政党がしだいに歩み 寄りをみせ始めた。
民党 吏党 初期議会 関係

解答

✨ 最佳解答 ✨

そうですね。当初は真っ向から対立って感じでしたが、日清戦争を機に双方歩み寄りを始めたのが特徴です

ko

回答ありがとうございます🙇‍♂️🙇‍♂️

まとめると、

民党と吏党は、当初はお互いに対立しあっていたが、政策を実現させるため、日清戦争を機に双方歩み寄った。

て感じで答えになりますか??

Pクレゾール

まぁ吏党も日清戦争してる中で軍備削減!って叫んでいざ負けたら貴様のせいってなるのを嫌うのは当然の話で、政府側も対立するよりかは仲間に引き入れて政治運営の円滑化の方が得だと双方が理解したのでしょう

ko

確かに負けた時のことを考えると、そう考えますね!
どちらもいっしょにしちゃったほうがいいて考えたんですね、納得です!
教科書とPクレゾールさんのコメントいい感じにまとめて、提出してきます!
自分でも、全く分からなかったのでスッキリしました!背景がわかると面白いですね。ご丁寧にありがとうございました🙇‍♂️!

留言
您的問題解決了嗎?

看了這個問題的人
也有瀏覽這些問題喔😉