この回答がベストアンサーに選ばれました。

これは、是非「地図帳」を見てみてください!
そうすれば、気づくことがあるはずです。
ヒントは、「北九州に近いところに位置している国」です。

※以下、僕の解答です。

北九州には、「筑豊炭田」があったため石炭が良く採れた。
また、北九州の近くには中国がある。中国では、鉄鉱石が豊富に採れるため、輸入先として非常に重要だった。
したがって、北九州は製鉄に最適なところであったから、八幡製鉄所が置かれた。

とみょ🌙

地図帳で調べましたあ!!!中国、韓国に近い!!
沿岸部に立地させることで、原料の輸入にも便利だったのかな…って思いました!!
なるほど!!中国から多くの鉄鉱石を輸入することもできるんですね!!よくわかりました😭
ありがとうございました😊助かります😭

Post A Comment

回答

筑豊炭田です。当時はどの産業でも主材料は石炭。良質でかつ安価、それに輸送費を抑えられるここ北九州にしたのです。現在も筑豊炭田に向かう路線は残っています。しかしながら、現在はほとんどローカル線として本来の意味を失っています。
また、これはエネルギー革命を受けてです。蒸気機関車よりも効率化を達成できるディーゼルに移行するなどで、炭鉱が閉山するなどで今日に至ります。

とみょ🌙

なるほど、、、、よくわかりました!!ほんとに助かりました😭ありがとうございました😊

倶知安くっちゃん

頑張ってください!

とみょ🌙

はい!頑張ります(>人<;)

Post A Comment
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選
%e6%9c%80%e5%88%9d%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91 1 486x290
文系だって超わかる!【誰でも簡単に理解できるオススメ数学ノート3選】