歴史
中学生

勘合付と朱印状の違いを教えてください。

この回答がベストアンサーに選ばれました。

勘合貿易は室町時代、足利義満が将軍ころ、中国(明)などと
行った貿易のことです。当時中国海岸部には倭寇と呼ばれる日本
の海賊が暴れ回っていてそれを取り締まってくれと依頼された時、
同時に正式の貿易をしましょう、ということになりました。

海賊船と正式の貿易船を見分けるために使われたのが勘合符
です。文字が書かれた紙を半分に切って、それぞれ日本と中国で
もっていて、それがぴたりと合致すれば、正式の貿易船と認められ
ました。勘合符というのを使ったので「勘合貿易」といいます。

朱印状は江戸時代の初期、幕府公認の貿易船で、将軍の
朱色の大きなはんこがついた許可証のことを言います。中国以外
にも東南アジアなどに行ってヨーロッパの国々とも貿易していました。
ちなみにこの頃朱印は大変貴重で珍しいものでした。またこの頃
には倭寇はほとんど見られませんでした。

ゲスト

とても詳しく説明していただき、ありがとうございます😊
理解することができました!

いえいえ お役に立てて何よりです

Post A Comment
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選
%e6%9c%80%e5%88%9d%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91 1 486x290
文系だって超わかる!【誰でも簡単に理解できるオススメ数学ノート3選】