物理
高校生

(2)の(エ)の問題で、距離lは1波長ぶんに相当し、Pで弱め合う条件が2分のlとなるところが分かりません。
どなたかお願いします💦

~ 本二大 ーィ7・ 平面波の反射・屈折・回折〉 以下の剖四の[アー[才]に閣切な数基または等式を入れ, しョと LeJEは、加2 os 択肢から適切な向きを選び記号で符えよ。 中 図1のように, 水深の異なる徹域T とTエが直線を境界として接している。 領域1を進ん でた大4 (m)。連き cm/s) の平面波が。 境界に入射角ので入射し。周折した。 9 における波の速さがc"(m/s] であるとき, その波長は (m) となる。 屈折角の は関係式ビイ にょり決まる。 傘に図2のように境界を平らな壁とし, 同じ入射名 のの波を反射させた 時波は人昧波と同じ連さで[ココの向きに進む。したがって. 入射波と反 波面が交差する点Aは[5]の向きに動く。 山 領域 領域 領域1 (⑱と(⑱)の 2 選択肢 このとき、 射波の山の 図3 (2) 図3 のように, 2 つのスリットをもつ平な壁に, 波長4。[m] の水画波が入射角 で 射した。波は各スリットから壁の右側に球面波として広がった。各スリ 凍RA 以下では幅を無視する。なお, 2 つのスリットの間隔は9【m〕 で、壁の両側で波の速さは の2 ッ ト がら等しい夏攻にある応Pを考える。 加に達した入笛波の降 り の 山と山の壁にそった距離7/[m〕 が 〔m〕 であることから,。点Pで2 RT 波が級めあうためには, を0 以上の幣数として, スリットの間隔を の (m) 。 の衝 このとき,図のように, 壁と平行で点Pを通る直線上にあり、点Pから する必] glこ ・ 上 ⑩では波が弱めあっていた。線分 PQ 上に波が弱めあ の務基が 爺 の上を0とすると上0ではが5めあっ ル 旧 関係は P 以外にヵ個あるとき. 点P と璧の距離ん【m] との4. ヵの間の| 点 とQ以 にヵ個 8 6 0e半 0 =| カ 〔m とヨ るこ さるes じみる。、これより, アーしカコ 求めることができる 海道大 う点が,
inの の 属の則より の ょって anのーsinの0と 射角は等しい。 また, () 反射の法則より, 入射角と友 の進行方向は波面に垂直である。 の向きは ⑧ (《) 図 のように波面が動くので, 点Aが動く向きは ① ょって に (m 2 記bょり sin@=学 の 回 2つのスリッ トょからPまでは経路差がなく。 が 固定きれているので 弱めあう条件はスリッ ト間隔すによって決まる。 9=/ のと きには位相差がなく, Pでは波が強めあうこ とになる。 位相が 半波長分ずれればPで玉めあう。 問にそった方向で考えると, 距離/は1 波長分に相当するので, Pで弱めあう条件は ょって, 反射波 =と 量7 (2が土D24 =テオが7 (カ=0, 1 2 =)テテーー5sinmの 【m) 人9 2 つのスリットからは逆位相の球面小が出 | ているので, Q で暗めあう条件は 7 2 経路差=ソアオヴールニ= 。 "|陽二---- 2 電 (の=0.12…) \U の則に弱めあう点がヵ個あることから 還計 がコク ①式に代入して 7アすのールアニ(ヵ二1) ) の関係式より 7上が=((ヵ士1)4二7ニー(ヵ1)22Z二2(ヵ十1)4ルキア 2ヵ7すん/=ニのー(ヵ十1)242 ヴー( 22.2 只 ょって =デー(tU2 2デー計m4 の 図c
反射

回答

まだ回答がありません。

News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選
%e6%9c%80%e5%88%9d%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91 1 486x290
文系だって超わかる!【誰でも簡単に理解できるオススメ数学ノート3選】