回答

この回答がベストアンサーに選ばれました。

弾性力は"kx (x:バネの伸び)"で表される力で、xによって力の大きさが変わります。
例えば、x=1[m]ならk[N]、
x=2[m]なら2k[N]… みたいな感じです。
一方、他の力、例えば重力mgを例に取ってみると、これはm(定数)とg(定数)の積で表された力ですが弾性力と違い位置に限らず一定の大きさになっています。
したがって、弾性力が仕事をするときバネが伸びるにつれて力の大きさも変わってしまうので、面積で考えるという(便利な)方法を使います。
追記で弾性力のみに限らずmgのときなども仕事は面積で考えるができます。mgは場所に限らず一定なので求める仕事はグラフを書いてみると四角形の面積になります。
わかりにくかったらすいません。

yuiyui

とても丁寧な解説ありがとうございますっ!!
学校で習ったより分かりやすかったです🥰
納得できました✨✨

この回答にコメントする
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選
%e6%9c%80%e5%88%9d%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91 1 486x290
文系だって超わかる!【誰でも簡単に理解できるオススメ数学ノート3選】