国語
中学生

「魚は水の中で生きられる」の「生きられる」が可能動詞ではない理由を教えて下さい。

文法 国語 中2

回答

そうですね、正しくは、 生きることが出来る ですね

可能動詞は、四段活用の動詞にしか使えません。
例えば
書く→書ける
乗る→乗れる
などなど。
生きる は 上一段活用動詞なので可能動詞になれません。

ゲスト

ありがとうございます

この回答にコメントする

この回答がベストアンサーに選ばれました。

動詞に「れる」「られる」をつけて活用すると、可能・尊敬・受け身などの意味になります。例えば「食べる」に「られる」をつけて「食べられる」など。

しかし、動詞の中には「れる」「られる」をつけても可能の意味にならないものがあります。例えば「書く」とか「読む」とか。それぞれ「れる」をつけた時に「書かれる」「読まれる」となり、そこに尊敬や受け身の意味はあるけれど、可能の意味はないですよね。じゃあ可能の意味にするにはどうするか。「書ける」「読める」といった、それ単体で可能の意味を示す可能動詞を使います。つまり「書く」を活用して「書ける」なのではなく、「書ける」という可能動詞が別に存在するということです。

「生きられる」は「生きる」に可能の意味の「られる」がつけられた形で、動詞の活用形の一つ。可能動詞ではない、ということです。

ゲスト

ありがとうございます

この回答にコメントする