回答

①皮膚などで刺激→感覚器官→感覚神経→脊髄→脳→脊髄→運動神経→運動器官→反応

②目や耳などで刺激→感覚器官→感覚神経→脳→脊髄→運動神経→運動器官→反応

脊髄反射とは、刺激に対して無意識に起こる反応。反応までの時間が短い。
刺激→感覚器官→感覚神経→脊髄→運動神経→運動器官→反応(熱いお茶が手にかかった)

この回答にコメントする

この回答がベストアンサーに選ばれました。

体の作りを考えましょう。
もし脊髄通ったら遠回りすぎます。
目、耳、鼻などは感覚器官から直接脳に伝えます。

この回答にコメントする