地理
高校生
解決済み

階級区分図と図形表現図の使い分けが分かりません😭
解説を読んでも絶対値と相対値で使い分けると書いてあるのですが、それも分からなくて、、
わかりやすい解説お願いします🙏

回答

✨ ベストアンサー ✨

絶対値は、人口が「○○人」、農産物の収穫量が「××トン」、スマホが「★★台」という数字です。
相対値は、人口密度が「○○人/㎢」、1ヘクタールあたりの収穫量が「××トン/㏊」、1世帯あたりのスマホ台数が「★★台/世帯」という数字です。

絶対値は、量が多いか少ないかがわかる表現がいいので、図形表現図のような地図が適しています。
一方、相対値は、量が多いかというよりも、密度だから、色の濃淡で表現するのが適しています。それで、階級区分図で描くことが多いです。

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?