回答

✨ ベストアンサー ✨

例えば、A選挙区に11人いて、B選挙区には3人しかいないとし、ABそれぞれ1人ずつ議員を選出すると仮定します。(事案を簡略化してるだけなので実際はあり得ません。)

そうすると、Aで過半数を取るには6人からの投票をもらう必要がありますが、Bでは2人の投票を取れば、当選することができます。これは、Aの方が一票の重要度が低いために当選のためより多くの票が必要という意味です。

ここで日本国憲法14条では、法の下の平等を規定していますが、これでは有権者から見たら、権利として有する一票の価値に違いが生じています。これを一票の格差というのです。

これをまとめてみてください。

ゆあ

なるほど、ありがとうございます

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?