回答

✨ ベストアンサー ✨

運動量保存というのは元になっているのは運動量と力積との関係式からです
小球をAとBを用意します
小球Aの質量をMa,速度変化がVa→V'a
小球Bの質量をMb,速度変化がVb→V'bになったとして
小球Aと小球Bが衝突したときを考える

小球Aにおいて、運動量と力積との関係式は Ma(V'a-Va)=FΔt
小球Bにおいて、運動量と力積との関係式は Mb(V'b-Vb)=F'Δt
この時小球が衝突した際、小球Aにはたらく力と小球Bにはたらく力には作用反作用の関係が成り立つから
F=-F' (力の向きが反作用の時逆向きにはたらいているから)
よってMa(V'a-Va)=-Mb(V'b-Vb)
これを変形して我々のよく見る式が出てくる

なぜこの説明をしたかと言うと、大事な点がひとつあって
「2物体の衝突、または動かした力には2物体同士には作用反作用の関係が成り立っている」
これが重要なのです。

本題に戻します。
今回状況は小球が台を右に押している時、最高点に登るまで「常に作用反作用(この場合垂直抗力)が成り立っている」
この時、台を右に押すことを考えているので鉛直方向は考えない(鉛直方向は重力はたらくから)
ですから運動量保存則が使える

︎︎

ありがとうこざいます

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?