化学
大学生・専門学校生・社会人

大学有機化学の範囲、SN2反応についてです。
11.3の(4)(e)が分かりません。
ハロゲン化物イオンの脱離能はI,Br,Cl,Fの順ですが、非プロトン溶媒中でのハロゲン化物イオンの求核性はF,Cl,Br,Iの順です。
解答には、Iの方がBrより脱離能が高いため、反応速度は大きくなると書いてありましたが、求核性については無視してよいのでしょうか。それとも求核性を上回る脱離性があるということなのでしょうか。回答よろしくお願いします。

11.3 次の SN2反応について答えよ. CH3CH2CH2-Br [CN] [¯] DMF CH3CH2CH2-CN + Br 1) 反応機構を書け. 2)自由エネルギー図を書け.また, すべての遷移状態の構造を書け. 3) 速度式はどのようになるかを書け. 4)この反応の条件を以下のように変えたとき,どのような影響が現れるかを書 a)ハロアルカンを CH3CH2CH2Br から CH3CH (Br) CH3 に変える. b) 求核試薬の CNの濃度を3倍にする.
c) ハロアルカンとCNの濃度をともに3倍 d) 溶媒をDMFからエタノールに変える. ハロアルカンのBr をIに変える. 11.4 次の SN 1 反応について答えよ. CH2CH3 .T + …] H₂O ハロ
有機化学

回答

Sn2反応で求核剤となるのは今回の場合でしたらCNイオンなので、脱離基の求核性はSn2反応による反応物の生成に関しては関与しないと思います。

ホベア

もちろん逆にCNが脱離基で、求核剤にBrかIを用いる場合でしたら求核性が大きいBrの方が反応性は高くなると思います

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?

この質問を見ている人は
こちらの質問も見ています😉