PromotionBanner

回答

仕訳
6/5
(仕入)730,000/(当座預金)330,000
       /(買掛金)400,000
仕入れたうちの、330,000だけを当座預金から払い、残ったのが400,000なのでこの仕訳になります。

6/10
(当座預金)350,000/(売上)350,000
本来、他人振り出しの小切手は(現金)で仕訳をしますが、直ちに当座預金としたとの記載がありますので、(当座預金)で仕訳をします。

6/14
(現金)125,000/(売掛金)125,000
現金が増加して売掛金が無くなるのでこの仕訳です。

6/18
(備品)670,000/(当座預金)670,000
商品陳列棚は備品になります。

6/22
(消耗品費)28,000/(現金)28,000
事務用品は消耗品になります。

6/25
(給料)143,000/(現金)143,000
(給料)は費用であり、現金が減少するのでこの仕訳です。

6/29
(当座預金)160,000/(売掛金)160,000
当座預金が増えて、売掛金が無くなるのでこの仕訳です。

6/30ですが、もともと現金がいくらあったのかがこの画像からだと分からないので解けないです。

仕訳に誤りがありましたらすみません。

現金出納帳と当座預金出納帳ですが、現金の収支を書くか、当座預金の収支を書くか、というだけの違いです。

A

詳しくありがとうございました!

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?