歴史
中学生

ソ連が「五ヵ年計画」によって影響をほとんど受けなかったのは何故ですか?

詳しく教えてくれませんか?

中学歴史 五ヵ年計画

回答

✨ ベストアンサー ✨

■五か年計画
五か年計画とは,ソ連で,社会主義革命のあと,社会主義国家を発展させるために5年間で達成することをめざしてつくられた計画です。1928年から実施された第一次五か年計画では,重工業の発展と農業の集団化をめざしました。

■ソ連が世界恐慌の影響を受けなかった理由
1929年に世界恐慌が起こったとき,すでにソ連は社会主義革命をとげ,国のすべての土地や工場などを国有化して,国の経済活動を統制していました。国が,何をどのくらい生産するかという計画を立てて,その計画にしたがって経済活動を行っていたのです。これを「計画経済」といいます。
ソ連は,この計画経済のもと,五か年計画にしたがって計画的に生産などを行い経済を発展させていったため,世界恐慌が広がったときも,その影響を受けなかったのです。

逆に,イギリスやフランス,日本などの資本主義諸国は,貿易などで経済を発展させていたため,世界のなかで大きな市場であったアメリカが経済危機におちいったことで経済的に大きな影響を受けて,世界恐慌が広がったといえます。

ayaya

ありがとうございます!!

根幹が抜けていますね.
ソビエトがこの不況を受けない最大の特徴は、株式を一切考えないシステムゆえです.
昭和の大恐慌はアメリカウオール街の金融崩壊が発端です.資本主義経済の根幹は株式.日本もアメリカの株を保有していたりとこの影響がドミノ倒しにきたので資本主義経済圏は不況に.
一方,当時のソビエトは株式を廃止し,輸出産業は穀物,そこで得られた資金をもとに工業化を進めていました.

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?

この質問を見ている人は
こちらの質問も見ています😉