歴史
中学生

世界恐慌が起こった原因と、その後の動き
について、簡単に説明していただきたいです。

回答

✨ ベストアンサー ✨

世界恐慌の発端はアメリカです。突如アメリカの株式市場で株価が大暴落し、アメリカ全体が不景気に見舞われることになります。それだけではなく日本をはじめとして、ドイツ、フランス、イギリスなどアメリカと輸出入を行なっている国が不景気に見舞われることになりました。日本はアメリカ向けの生糸の輸出が急激に落ち込み景気が一気に悪くなります。この時大蔵大臣だった高橋是清は積極的に金融政策を行い危機を脱しようとしたと言った感じです。 簡単に書けませんでしたがこんな感じでどうでしょう

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?