回答

✨ ベストアンサー ✨

imaginableが、そういう使われ方をするというだけです。
全てor 最も+考えられる ですから、
「考えられる範囲で全部・最も」ということです。

every imaginable とall imaginableは、
everyとallの違いに対応していて、

allは全体をざっくり見て全員いるなーって感じなので
考えられる範囲で とか言いつつallのざっくり感は残った訳になっていますよね。

それに対してeveryは、後ろの名詞が単数になっちゃうくらい一つ一つちゃんと確認していることを表す「全員」なので、「ありとあらゆる」という、隅々まで見た風の訳になるわけです。

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?