回答

✨ ベストアンサー ✨

問4→正解
問5→正解
問6→返り点はおおよそ正解(送り仮名が必要です。)
④は「凝」の左下に「二」が来ます。

「於」は、置き字の一種で読むことは少ない文字です。一方、①後文に場所・時間・対象を表す語を持ってきて「~に」の意味となったり、②後文に起点・原因を持ってきて「~にor~より」の意味になったり、③後文に前部の比較対象を持ってきて「~よりも」の意味になります。
「物に凝滞せず(物事にこだわらない)」は、「於物」であり、対象が来ているので①の意味となります。

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?