国語
中学生

一枚目の問題の三番と四番が合っているか判断していただきたいです。

図 S (区降) が記した「無名妙「 こけ歌よむ事」6編 率の古区SS じを現代語でまとめたものであり、 【文章日】 は、 【文A】 2v本合和てある。このニつの文章を読んて、あとの問いに答えなさい。 ar外なこと」の説明として最も逮切なものを、次のアーエから一つ建び ト がS和歌の題材が長明のわびしい住居てあること。 静緑法師の和歌の判断について長明が明言を避けたこと 縁法の和歌の核心を長明が認めてくれなかったこと。 千線法師の和歌の表現が浅いながら工夫されていたこと。 部題 作の和欧について、私(香長明)に語って、 ごとをば切らめ」の意味として最も透切なものを、次のア~エから一つ選び 記 出る」い。 ト 型 型う に ) J44J4、いかがでしょうか」と言った。 私が、 「まずまずのてきてす。 2石-「型石4る』ということばは、あまりにうわべだけの返い表現になっ ていて、どうかと思われます」と指摘したのを、静校は、「そのことばをこそ, この歌の主眼となるところと存じておりましたのに、この非量は意外なこと 二ト」J言って、 私がひどく非JPニAと い て帰って 行っ" 1 良くないと思ったので、 正直に言ってしまい、まずいことを ウ 国 Rよう H けよう a 紹びけり」とありますが、だれが同をしたことてすか。 【文章A】をふ 十4以内で落きなさい。 脂潟法師人歌の中で三理 となる * てこた意産て唱長明 指摘したこ しQててあったと ていたところ、十日ほどたって勝縁はまた (往2)静緑法…比叡山の儲。 【べ=) 「|mS ひしを、れ帯なし 陸 う船へて、いぶかしく arなの清さ」とありますが、月2体的にはどういうことてすか。【文章A]と (文 章B】の全体をふまえて、七十五字以内で普きなさい。 コー コ -に、さはいくとaR肉公のに行きてこそ、我が を に ふか、人のあしくく難じ給ふか、ごとをば切らめと思ひて、行きて語り待りし を非離されK か「写が撃でのか·るこけよまんJ4"「かれぬる」とは何事そ。 と と てに に ギSや」となん"はしたなめられて待りし れ" 4 S し モ S-~ま= と、おこた母しにまうてたるなり」といる 希! に こ た (の) - ビ国G部 に記新S
211) 特線部のの直前で「そのことば(=「泣かれぬる」) をこそ、この歌の主眼となるところと存じておりま したのに」と言っている。歌をよんだ静接自身は、 「泣かれぬる」こそがこの歌の重要なところだと思っ ていたので、環長明がその部分について「あまりに うわべだけの浅い表現」になっていると苦言を呈し たのが恵外だったということ。 (2) 修頼部のの直前に「私が聞違っているのか、あな 「応用間題P27~28 (2)イ (3判官(別解]義経 (1くちおしき (4)にれこそ源氏の大将義経が弓よ にかえられる I,瀬氏の大将がこんなに弱々 しい弓をもっているぞと敵にばかにされる (1ウ 2)エ をうわべだけの濃い表現になっていると非難し たこと。 (5) I, 金 H (3問長明が、静程法師の和歌 たが的はずれに非難なさっているのか」とあるので、 どちらが適切なのか決着をつけようと思っているこ (4隅長明から指摘された欠点に結 得できずにいた静経法師が、大夫公からも同じ 指摘を受け、自分の受け取り方が悪かったと とがわかる。 (3) 文章A】で、長明が静緑の歌の「泣かれぬる」 を非難したことを指している。 長明に謝ったのが、違いということ。 解説) 12「~ばこそ」の後に「あらめ」が“省略されていると 考えられ、反語的な意味で~はずがない”と解釈 する。ここでは、「弓が情しくてとるはずがあろうか (4) 清じ には、(風景などが)きれいだ、(容姿などが) 美しいという意味のほかに、(人の心について) 潔い、 邪念がない、などの意味もある。静級は、受明の非 難に納得できず、大夫公(=長明の先生)にも聞きに (=弓を惜しんで取ったのではない)」の意。以降で 戦経が理由を説明していることからも判断できる。 3) 侍械部のを含む会話文「弓の惜しさにとらばこそ ~合にかへてとるぞかし」 と言った人物。 4) 義経が「弱々しい弓を敵(=平家側)が取って持っ 行った。すると同じ箇所を非意され、やはり自分の歌 がまずかったのだとわかった。静段にとってはばつが 悪いことだが、ごまかしたり隠したりせず、長明のと ころに出向いて正にいきざつを話し、私が問違っ ていましたと謝った。この静縁の潔さについて、 ていき、「これが課氏の大将義経の弓だ」と言って ばかにするようなことになると」と言っている。 (5)古文の内容を参照。 なかなかできないことだと授明が感心している。 古文(文章B)の内容) 【古文の内容 「残念なことでございますな。たとえ大全とお換 えになることができるほどのご立派な弓てあって も、どうしてお会にかえることができましょうか (お会にはかえられません)」と申し上げると、判 官(=義経)は「弓が惜しくてとるはずがあろう か(=弓を惜しんで取ったのではない)。義経の弓 と言えば、(強い弓を持っていたことで有名な)叔 父の為朝の弓のような良い弓であるならば、わざ と落としてでも敵に取らせよう。弱々しい弓を敵 が取って持っていき、「これが滅氏の大将義軽の弓 (静縁法師は)「先日の(私の)歌を(あなた=鴨 長明が)非離なさったことについて、正直に申し ますと、納得できませんで、不審に思いましたので、 そうは言うものの、大夫公のところへ行って、私が 間違っているのか、あなたが的はずれに非難なさっ ているのか、決着をつけようと思って、行って話し ましたところ、(大夫公から)『どうしてあなたはこ のような内容の浅い歌をよむのですか。「泣かれぬ る」とは何事ですか。良くない心がけです」と、た |r4 しなめられました。ですから、(あなたは)的確な 非難をしてくださったのです。(それなのに)私は (的はずれな非鍵だと)悪く受け取ってしまったの だと(反省し)、おわびを申し上げに参上したので す」と言って帰ったのでございます。(このように) 潔い心構えはめったにないことです。 だ」と言って、ばかにするようなことになると情 けないので、命にかえても拾ったのだよ」とおっ 1しゃると、 その場にいた人はみな感動した。 - 53 -

回答

✨ ベストアンサー ✨

誰が何をしたのか
誰が…兼好法師が
何をしたか…歌を非難した…明確にさせる必要があります
どういう点で…主眼とした言葉をうわべだけの浅い表現になっていると

指摘した、は批判・非難と言えない。良いと評価するときも指摘はできるので、全体がぼやけています。

どういうことか…内容説明
大夫公の評価を通じて…同じ点で良くないと指摘された…ぼやけている
もとへ言って謝りに行った…もとへ謝りに来た/に謝った…「言って」の位置がおかしい
6割から7割くらいの評価はできるんじゃないでしょうか

本文の言葉を使うと字数がオーバーするのでまとめるのはいいのですが、その分内容がぼやける傾向があります。

あいりす

確かに少し曖昧でした。ありがとうございます!

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選