経営経済学
大学生・専門学校生・社会人

『確率変数Xが X〜N(25,10) と表記される場合、確率変数Xは平均値(1)、分散(2)の正規分布に従って発生する確率変数であることがわかる。また、正規分布の特徴として、平均値から±2標準偏差の区間に値が発生する確率は約(3)である。』
答えは(1)25 (2)10 (3)95
と考えているんですが、あってますかね?

PromotionBanner

回答

まだ回答がありません。

疑問は解決しましたか?

この質問を見ている人は
こちらの質問も見ています😉