回答

✨ ベストアンサー ✨

1枚目から、
「紙パックの重さ×5=トイレットペーパーの個数」
が分かる。2枚目はトイレットペーパーの個数があらかじめ分かっていて、紙パックの重さが不明なので、式を変形して、
「トイレットペーパーの個数÷5=紙パックの重さ」
として、これに値を当てはめると
「1400÷5=280」となる。つまり必要なトイレットペーパーの重さは280kg。さらに、文章中で1kgに30毎必要と書いてあるので、280×30=8400。
よって、1400個のトイレットペーパーをつくるには8400枚の紙パックが必要ということになる。

ねむ

わざわざお時間割いていただきありがとうございます😭😭🙏🏻とってもわかりやすくて助かりました!よく理解できましたありがとうございますT_T

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選