回答

✨ ベストアンサー ✨

まず、①🟩と②🟦の合計は同じですよね。
例えばこの空欄の部分の数字(左上)をAとすると、
「A+x+y」= 「A+6+(-8)」になります。
てことは、x+y = 6+(-8) なんです!Aの値が同じなので。
そうすると、1つ目の式 x+y=-2になります。

同じように、③🟥と④🟪があって、中央の空欄をBとすると、「x+B+2」= 「y+B+(-8)」で x+2 = y+(-8)です。そうすると、x+2=y-8 という2つ目の式になります。あとは連立方程式を解くだけです。

𝑌𝑢𝑎

なるほどなるほど💡
理解出来ました❕わかりやすい説明ありがとうございます(;_;)❕

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選