回答

✨ ベストアンサー ✨

↓四角の3は写真を見てください!
四角の5は簡単に言うと、
辺ADと辺BCの底辺が同じ長さ。
辺ABからEまでと辺BCからEまでの高さが同じ。
三角形の面積を求める公式は、底辺×高さ÷2なので
底辺と高さが同じ三角形AEDとEBCは等しくなります。
長々とすみません! 質問あったら聞いてください!

とても分かりやすかったです✩°。⋆⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝
ベストアンサーに選ばせていただきました
回答ありがとうございましたm(_ _)m

この回答にコメントする

回答

3️⃣は、式が6×5=30でまず全体の面積を求めて、6×4÷2=12で白い部分の面積を求めます。全体の面積から白い部分の面積を引けば答えが出るので
30-12=18になります。なので答えは、18です。

回答ありがとうございましたm(_ _)m
ベストアンサーではなくすみません💦
また、質問した時に回答をお願いします🙇‍♀️

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選