国語
中学生

人工知能との未来 羽生善治
人間と人工知能と創造性 松原仁
この2つの文章を読んで「人工知能に対する立場」「とりかげている事例」「これからの時代に大切なこと」それぞれわかることを教えてください。
本文を読んでも全然わからないので教えてくださるとありがたいです。

細 州細治一九七〇 (昭和 出身。将棋棋士。 124 人間と人工知能との関わりについて述べた二つの文章を読み、自分の考えをまとめよっ 著書 「大局観」、共著「人工知能の核心」など ば大きいほど有利て、マイナスに大きければ大きいほど不 利となります。この評価値は極めて有効に働くため、現在一 はプロ棋士が参考にするようになっています。しかし、膨 大な情報をどのように処理してその結論に至ったのか、人一 間にはわからないのが現状てす。社会が人工知能を受容し ていく中で、意思決定の過程がブラックボックスになるこ とには、多くの人が不安を覚えると思います。 もう一つ、将棋ソフトを使う棋士の間ていわれるのは、 人工知能には「恐怖心がない」ということです。人工知能 はただただ過去のデータを基に次の一手を選ぶため、人間 e てあれば危険を察知して不安や違和感を覚えるような手で も、平然と指してきます。私たち棋士は、そこに恐怖を感 じるのです。これを、例えば人工知能ロボットに置き換え てみると、どうてしょう。安心感や安定感など、人間が無 意識に求める価値や倫理を共有していない相手と、安心し 出典 本書のための書きおろし。 人工知能との未来 生善治 人類はその長い歴史の中て、「高い知性をもっているの は人間だけ」という環境を前提として生きてきました。し かし、今や「人工知能は人間を超える知性だ。」とか、逆一 に「人間にはてきるか人工知能にはてきない。」などの、 さまざまな言説が飛び交う時代てす。人工知能が社会に浸 透し始めた今、それに人間がどう向き合うかが課題となり o 興味深いのは、現在、人工知能を搭載した将棋ソフトと 人間の棋士との間て起きている事象が、今後の社会の在り 方を先取りしているように思えることてす。そこで私は、 棋士が直面している違和感から話を始めたいと思います。 一つは、人工知能の思考は過程がプラックボックスに なっていることです。将棋ソフトは、過去の影大なデータ を基に、目の前の局面が有利か不利かの形勢を判断する、 評価値とよばれる教値を出します。数がプラスに大きけれ B とって大きな力となるはずてす。将棋ソフトは人間が考え もしない手を指すと述べましたが、それは、自目分の視座が 変わるような見方を教えてくれるということてもあります。 「自分はこう思うが、人工知能はどう判断するのか。」と、 て社会生活を営めるものてしょうか。私には正直、確信が一 もてません。 膨大なデータと強大な計算力て最適解を導き出す人工知 能。それに対し人間は、経験からつちかった「美意識」を一 働かせて物事を判断しているといえます。人工知能が社会一 のあらゆる場面で意思決定に関与するようになれば、人間 道もあるてしょう。また、人工知能が出した結論を基に、 それが導き出された過程を分析し、自分の思考の幅を広げ ていく道もあるはずてす。人工知能に全ての判断を委ねる のではなく、人工知能から新たな思考やものの貝見方をつむ」 いていこうとする発想のほうが、より建設的だと思います。 0 実際、将棋界では既に、人工知能が提示したアイデアを一 参考に新しい手が生み出されたり、そこから将棋の技術が 進歩したりするケースが多く起こっています。人工知能に よって人間の「美意識」そのものが変わっている顕著な事 例だといえるでしょう。人工知能が学習するいっぽうて、 人間の側も人工知能から学ぶ。人間と人工知能が共に生き あくまでセカンドオピニオンとして人工知能を使っていく 5 あるでしょう。また、将棋ソフトの評価値が実はそうてあ るように、人工知能の判断が常に絶対的に正しいわけても ありません。つまり、私たち人間は、どこまで評価値の判 断を参考にするかまで含めて、選択肢を考えていくことが 必要になります。そして、このような判断力は、普段から 自分で考えることてしか、養われないのです 人工知能が浸透する社会であっても、むしろそのような 社会だからこそ、私たちは今後も自分て思考し、判断して15 いく必要があるといえます。人工知能への違和感や不安を一 拭い去るのは難しいことですが、このような社会の到来が一 避けられない以上、人工知能をいわば「仮想敵」のように 位置づけてリスクを危倶するより、今後どのように対応す の「美意識」にはとても受け人れがたい判断をすることも る時代の、新しい関係がそこにあるように思います。 るかを考えていくほうが現実的てはないてしょうか。 O将棋ソフト= コンピュータを使って将棋の対戦や分析などがてきるプ ログラムのこと。将棋AIともいう。 ブラックボックス= 内部て行われている処理などが明らかてないこと セカンドオピニオン=よりよい決定をするために求める、第二の意見。 さらにいえば、人工知能は、うまく活用すれば人間に一 8
東京都出 一九五九(昭和三四) 筆者 松原 仁 身。人工知能研究者。 著書「AIに心は宿るのか」など。 出典 本書のための書きおろし。 人間と人工知能と創造性」 広J 人工知能の研究者は、コンピュータやロボットなどの人 工物に知能をもたせることを目ざして研究している。人間 の知っている範囲て最も高度な知能をもっているのは人間一 自身なのて、人工知能は人間のような知能を目ざすことに一 なる。人間は「いろいろなこと」ができる。例えば、言葉s を話したり理解したりできる(人工知能ては「自然言語処 理」という領域になる)。目で見たものが何かを理解てき る(「画像認識」という)。耳て聞いたことを理解てきる一 (「音声認識」という)。人間の知能というのは、これらい ろいろな能力を合わせたものなのである。人工知能研究は、" こうしたさまざまな能力を、コンピュータにもたせようと」 はなく、誰もがもっている。みんなが絵を描いたり文章を 書いたりてきるのは、創造性の賜物なのてある。 星新一さんという作家を知っているだろうか。ショート ショートとよばれる、短くて落ちがある小説をたくさん書 いた人だ。私は近年、他の研究者といっしょに、この星新 1さんのような小説をコンピュータに書かせる試みをして いる。文学賞に入賞するような作品を作らせるのが夢なの だが、まだようやく一次審査を通過したという段階てある。 先は長い。交 コンピュータに小説を書かせる研究を進めてきて、わ e かってきたことがある。 創造性は新しいことを思いつく能力だと書いたが、今ま てにないことを思いつくだけてあれば、むしろコンピュー」 タのほうが人間よりも得意である。我々の研究によれば、 コンピュータは一時間に十万作の小説を書くことが可能だ。 している。 私は、人間とは何か、人間の知能とは何かを知りたいと 考え、特に人工知能と創造性の関係について研究を重ねて きた。創造性とは、新しいことを思いつく能力だ。創造性 " は、画家や作家など特定の人たちだけがもっている能力で どれも似たり寄ったりの内容だ (Lしかも、まだあまりおも る。何をよいとするか、おもしろいとはどういうことか。 コンピュータにはこの評価が難しいのてある。 ここに、人間と人工知能の関係の中で人間が果たすべき 役割を考えるヒントがあると思う。人間とコンピュータは一 しろくない)が、表面上は異なる作品である。人間の作家- は、いくら速くてもこんなペースて作品を作ることはでき また人間の思いつきは、自由に発想しようとしてもどう」 しても偏りが出る。もっている知識やそれまでの経験に影 得意なことが異なる。したがって、それぞれが得意なこと を分担し、共同して物事に当たるのがよい。例えば、創造一 的な活動においても、コンピュータがアイデアをたくさん 出し、人間がそれらを評価して具体的な完成品にしていく のが、(限られた時間内に一定水準以上のものを作るとい う意味ては)生産性が高くなるはずてある。また、人間と " 人工知能が協力して創作することて、新しい価値を生み出 すこともできるかもしれない。 人工知能はこれからも進歩していく。しかし、コン ピュータが苦手とし、人間のほうが得意とすることは依然一 として残り続ける。コンピュータはよりたくさんの候補を」 作れるようになっていくだろう。だから人間も、これまて 以上に評価の能力を伸ばさないといけない。評価を適切に こなすためには、さまざまな経験を積んてバランスの取れ た知識をもち、何がよくて何が悪いかの判断力を養うこと が大切だ。それが、これからの時代に必要な力てある。 響を受けてしまうのだ。 その点、コンピュータは偏りのな」 いものをたくさん生み出すことが得意てある。例えば数字| をばらばらに書いていくという作業をさせると、人間は偏」 りが生じて同じパターンに陥ってしまうが、コンピュータ は各数字が等しい出現頻度になるように書き統けることが、型こ いっぽうて、コンピュータにとって難しいのは、たくさ んの作品の中から優れたものを選ぶことてある。人間の創一 造性について考えてみよう。多くの場合、新しく思いつく ことのほとんどは使いものにならない。新しいつもりても 3 誰かが既にやっていたことであったり、全く意味のないこ とてあったりする。人間はそれらの中から見込みがありそ うなものだけを、おそらくは無意識のうちに選んでいるの てある。たくさんの候補の中から見込みのありそうなもの一 たの 出や作業のことを 「評」とよぶことにする。 人間のすばらしい創造性は、この評価の部分に基づいてい 8 127 自らの考えを人間と人工知能と創造性
PromotionBanner

回答

まだ回答がありません。

疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選