国語
中学生

中3です!
分からない問題があって...。
画像の問題のやり方を教えて頂けたら嬉しいです🙏

振る話は山ほどある。やはり危険は回避して、多少じれ の科白ではないけれど 「まあ、お聞き下さりませ」 きならぬ目に人を誘うことがある。t| こ体 「回Sない」から) がれから、知らず知一 みる。 紙を選び、墨色の濃淡も行き届いた手紙で伝えられる言葉は、書かれて ~同時に、友達と遊 と腰を据えられれば、騒ぐ心も落ち着きを取り戻して、鎮まる余裕が生 たと思う。なかには いる内容も申し分ないに違いないが、書き手の姿や、その居廻りの様子が、 知って居るはずもないのに、カーテン越しの光が躍っているか、障子の隅 だけが明るく、部屋の中はそろそろ灯りが欲しい時間だろうかなどと、相想 像をかき立てられる気がすることがあり、言外の楽しみを与えられるとい う訳だが、こんな手紙を受取った後は、返事に困り、頭の痛いことである。 言葉を文字で読む時、自分が声を出して読まなければ、それは目だけの 文字の世界だが、なぜか分からないが、私の耳は声を聞いていると感じる ことがある。書かれている内容によって、男の声、女の声、老人のことも あるが、減多に華やかな艶っぽい声を聞くことは少ない。自分が過ぎてき 日葉や、苦労して覚 話た せ屋の棟」 た時間の中に、心に残るほどの佳い声に出会わなかったのか、こちらの心 になる慣わしを持 が捉え切れなかったのか、今さらながら惜しいことではある。 は成り立たない しは存在すら確か ずっと穏やかで、ゆっくりだったと思う。。言葉遣いも、年齢、職業、社 会的な位置による使い分けがはっきりしていて、使うべき言葉、いかなる 場合にも使ってはならない言葉の区別は、小学生でも心得ていた。だから、 大人の居ない所でわざと規則違反をやったり、上品ぶった奥様言葉をまれ て得意満面、大人をからかったりしていい気分になっていた。垣根がある 昭和のはじめの頃、今から思えば日常生活の中で互に交される言葉は、 になるのだ。言葉 は自分の思いを ければ、文を書 から、垣根破りは面白いのだし、言葉自体にその人の生活が強く結び付」 「 は いている使い方があることは、きまりに縛られる不自由さもあったが、言 r 捨てて、退引 葉の持つ表情は豊かで奥行きのあるものだった。今の平均化した言葉は分 これを オギー 「こんな手紙を受取った後は、返事に困り、頭の痛いことである。」 とありますが、それはなぜだと考えられますか。次か で答えなさい せるのだろ 0 国語、
30 記述)ら「垣根破り」とありますが、ここではどのようなことを指し ますか。三十字以上四十字以内で書きなさい。 <20点)

回答

✨ ベストアンサー ✨

垣根があるから垣根破りは面白い、と書いてあるので多分垣根というのは使うべき言葉の区別をすることかと。なので垣根破りを説明する時はその直前の文の小学生の時したことを例にあげれば30文字行くと思います

めちゃくちゃ分かりやすいです!
ありがとうございます🙏🏻😭✨✨✨

この回答にコメントする
PromotionBanner
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選