回答

✨ ベストアンサー ✨

これからやるのは小学生が習うやり方なのですが、樹形図(じゅけいず)というものです。樹形図とは、最初に選んだ数をスタートして分かれ道を通っていき、他のカードとカブらないようにしてゆく戦法です。
①の解き方は(写真から)樹形図で解きます。ゆえに答えは、6通り。
また、②に関しては、2、3は同じようにしていくと、それぞれ6通り。ただし、0に関して言えば、千の位におくと、3桁の数になってしまうのでダメです。
ゆえに、6×3=18通りです。

推しが尊い

ありがとうございます😭

この回答にコメントする
PromotionBanner
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選