回答

✨ ベストアンサー ✨

まず自然数aを求めるにあたって√が邪魔ですので、√を取るために2乗します。
√は2乗することで取る事ができます。
aの個数を求める問題ですので、大きい値から小さい値を引けばいいわけですが、ポイントは最後に1を引くことです。
なぜ引くのか分かりますか?

例えば5<a<8でしたら、8−5は3ですが、実際は6、7の2つしかありません。差を求める訳ではなく間に何個数字があるかを考えないといけないため、1引きます。

シロモ

ありがとうございます

この回答にコメントする
PromotionBanner
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選