回答

✨ ベストアンサー ✨

イとウは目盛りが11個離れています。イとウの数の差は2200億なので、2200億÷11で、一目盛り200億である事がわかります。

次にアを求めます。アとイは5個目盛りが離れているので、アとイの数の差は200億×5で1000億となります。
イから1000億引くと1兆9000億になります。

最後に、0からアまでの目盛りの個数を求めます。1兆9000億を200億で割ると95。
95個目盛りが離れていることがわかります。1目盛りが3cmなら95目盛りは95×3で出ます。
最後の答えは自分で求めてみてください。

紗良-活動休止中

教えて下さりありがとうございます…!
とてもわかりやすいです!

この回答にコメントする
PromotionBanner
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選