回答

✨ ベストアンサー ✨

これは「分詞の形容詞用法」ですね。
V ing 又は V p.p.(過去分詞)が「形容詞」の働きをしている場合は
①前後の名詞を修飾する
②補語(C)になる
の2通りあります。
この問題で言うと、「湖畔に立っている」→「あの白い建物」というように、( )by the lakeがthe white buildlngを修飾しているので、①の方です。
次に訳し方なのですが、
①V ingの場合は「~している/~する」
②V p.p.の場合は「~してしまった/~される」
となります。
今回は「立っている」なので、①の方です。
なので、standをing形の「standing」にします!

長々とした説明で申し訳ないです🙇🙇‍♀️🙇‍♂️

ゲストよしだ

どこが形容詞のはたらきをしてるんですか?

(stand)by the lakeが形容詞の働きをしています。
形容詞は名詞を説明するものなので、
the white buildlngという名詞を説明している部分が形容詞のはたらきとなります。

また、質問者様の「stands」の考え方が間違っている理由としては…
関係代名詞主格で考えたのかと思われます。
ただ、主格の用法は代名詞「which」や「that」を省略することはできません(省略できるのは目的格の時だけです)。
なので、これは分詞の形容詞用法だと思います😊

この回答にコメントする
PromotionBanner
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選