回答

✨ ベストアンサー ✨

地質柱状図の問題は、まず凝灰岩の層の標高を考えます。
Aの地表は100m、凝灰岩の上端は20m下で80m
同様に
Bの凝灰岩の上端は80m
Cの凝灰岩の上端は85m
凝灰岩の上端はAとBで同じなので東西で地層の傾きがないことがわかります。
CとDは東西に並んでいるので、地層の傾きはありません。
Cのれき岩は地表から20m下の80mでDもこの標高にあるので、地表の90mから80mまで10mとなります。

ヲタク

よく分かりました!
ありがとうございます😊

この回答にコメントする
PromotionBanner
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選